スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

炭酸飲料の影響

「炭酸飲料は体によくない」とよく言われます。
なぜ、そのように言われてきたのでしょうか?

まず考えられるのは、「糖分の取りすぎ」です。
炭酸水は酸性なので、酸っぱく感じます。
これを飲みやすくするためには多くの糖分が必要となります。
そのため、どうしても糖分を過剰に摂取してしまいがちになります。

糖分摂取の目安は、「一日に50g程度まで」といわれています。
炭酸飲料の代表的なコーラは、350mlで約34gの糖分が含まれています。
さらに食事で糖分を摂ることを考えると、糖分の過剰摂取となってしまうのは容易に考えられます。
また、炭酸飲料を飲むことによる胃の膨満感は、スポーツを行う際のパフォーマンスに影響が出てしまいます。

関連記事


2011/02/04 健康 トラックバック:- コメント:-


<< 飲酒量の増加で起きる病気 | HOME | 卵巣機能不全とは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。