スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

子宮がんについて

女性の性器である子宮にできるがんを子宮がんといいます。
がんが発生する場所により、膣に近い頸部にできるがんを子宮頸がん、子宮の上の部分の体部の内壁にできる子宮体部がんに分類されます。
渋谷 オイルマッサージでも言ってました。

その中でも約8割が子宮頸がんとなり、女性のがんの中では乳がんに次いで多くなっています。

子宮がんは、HPV・ヒューマンパピローマウイルスの感染が原因になっていると言われています。
その為、子宮頸がんのケースだと、性体験の年齢が若い、性交が頻繁、出産が多いなどが誘因とされています。
子宮体がんのケースだと、女性ホルモン分泌の変化の影響が大きいといわれています、
そのため、ホルモンバランスが崩れる閉経前後の更年期の女性に多く発症します。

子宮頸がんの場合、自覚できる出張マッサージ 新宿のような初期症状はほとんどありません。
初めに異変に気づくのは、性交時の出血、月経不順、不正出血、おりものの変化などによってです。
子宮体がんの場合、不正出血、血や膿が混じったおりものなどが現れます。

関連記事


2010/12/28 健康 トラックバック:- コメント:-


<< 初期の子宮がんの症状 | HOME | カルシウムと鉄について >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。