スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

やっぱり健康が一番

こんにちは。健康ニュースステーションです。
司会のyassanです。

まだまだ暑い日が続きますが体調はどうですか。
体調を崩した時が一番免疫力が落ちてウイルスに感染しやすいんです。

ウイルス感染すればがんにもなるウイルスも多いので気おつきましょうね。
ということで今日はがんの診察について少々。

がん検診には、任意で受けられる自費検診と、自治体が実施している公費検診と2つがあるんです。

自費検診は、当然より詳しい検査を受けられることが特徴です。
全身の主要な臓器を内視鏡や超音波で検査したり、単独のがん検診もしてもらえます。

そして自費の場合は、検診項目によって料金は変わりますが、総合検診は平均約10万円と高額なんです。
とてもじゃないですが普通は受けれないですよね。
しかし、再検診の場合に割引制度があったり、健康保険組合や共済組合の補助が受けられる可能性もあるので
そのため、検診を受ける前に、医療機関や健康保険の補助制度をきちんと調べるといいかもしれないです。
でもその前にまず受けれないですよね。

市区町村の検診は、受診料が安く、近くて受けやすい、という特徴があります。
だんぜんコッチがいいですよね。
中には対象年齢になると毎年無料で受けられる自治体もあるそうです。

これは歳をとればとるほどお得ってことですよね。
なんか矛盾しているようですがこれが現実なんですよね。

みなさん健康で楽しい生活をめざしましょうね。

関連記事


2010/08/26 健康 トラックバック:- コメント:-


<< メタボリック症候群の基準値 | HOME | 夏を快適に過ごせるグッズ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。