スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

乾燥肌の原因と対策

エアコンの使用などで空気が乾き、湿度30%以下になると角質層から水分が蒸発しやすくなります。
角質層には、もともと肌の内側の水分が外に逃げないようにするオイルマッサージ 新宿のような役目があります。
それに加え、角質層自体に保水成分もあり、それによって肌の潤いが保たれているのです。
この保湿成分をつくる力が低下すると乾燥肌になりやすくなってしまいます。

また、年齢とともに皮脂や水分の量が少なくなります。
保湿成分の生産量も減りますし、角質層の水分も減り、肌が乾燥した状態になっていきます。

顔も乾燥すると硬くなりますが、これは角質層が厚くなるからです。
乾燥すると角質が厚くなり肌がゴワゴワになります。
そして、角質層が高度に厚く覆った状態を角化といいます。

その対策としてはまず保湿し、厚くなった角質層をピーリングで少し取り去ることをおすすめします。
また、保水力のあるセラミドなどの保湿成分を与えて肌質を変えることで目白 出張マッサージのように肌は乾燥を予防することができます。
保湿成分はセラミドやヒアルロン酸など色々とあり、美容液やクリームに配合されていることが多いです。

関連記事


2010/12/20 美容 トラックバック:- コメント:-


<< 皮膚病とステロイドとリバウンド症状について | HOME | 小顔へ向かう方法 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。