スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

乾燥肌の原因と対策

エアコンの使用などで空気が乾き、湿度30%以下になると角質層から水分が蒸発しやすくなります。
角質層には、もともと肌の内側の水分が外に逃げないようにするオイルマッサージ 新宿のような役目があります。
それに加え、角質層自体に保水成分もあり、それによって肌の潤いが保たれているのです。
この保湿成分をつくる力が低下すると乾燥肌になりやすくなってしまいます。

また、年齢とともに皮脂や水分の量が少なくなります。
保湿成分の生産量も減りますし、角質層の水分も減り、肌が乾燥した状態になっていきます。

顔も乾燥すると硬くなりますが、これは角質層が厚くなるからです。
乾燥すると角質が厚くなり肌がゴワゴワになります。
そして、角質層が高度に厚く覆った状態を角化といいます。

その対策としてはまず保湿し、厚くなった角質層をピーリングで少し取り去ることをおすすめします。
また、保水力のあるセラミドなどの保湿成分を与えて肌質を変えることで目白 出張マッサージのように肌は乾燥を予防することができます。
保湿成分はセラミドやヒアルロン酸など色々とあり、美容液やクリームに配合されていることが多いです。

スポンサーサイト

2010/12/20 美容 トラックバック:- コメント:-

汗をかくためのサウナは

美容にとって、汗をかくことはとても大事なことです。
汗をあまりかかない人は、肌トラブルをおこしやすいとも言われています。
汗をかくことは、体温を調節し、体内の老廃物を排出して新陳代謝を高めてくれます。

美容、健康のためにたっぷりと水分を摂ることとは、老廃物を出して体内の循環をよくする、ということですから。

サラサラの血液にするためにも、飲んで出すことが大切となります。

ところで、汗をかくというとサウナを思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、急激な環境の変化があるサウナは身体にストレスを与える場合もあります。

まず、いきなり熱い室内に入るサウナは肌を驚かせてしまいます。
そして、自らの力で体温調整をしようとして、毛穴が一気に汗を吹き出すことで、肌が疲労してしまいます。

身体にとって過酷な状況に身をおくこととは、血管が酷使されて血液循環の機能を鈍らせてしまうのです。
やがて毛穴が開きっぱなしになり、血流れがおかしくなってしまい、うまく栄養を運べなくなってしまいます。
結果、肌の表面の表皮が栄養失調状態になってしまう、というわけです。

サウナが身体に悪いというわけではありません。
もしも、汗が出にくいというのなら、半身浴でじんわりと発汗させる方がデメリットが少ないと思います。

20050227004753.jpg


2010/11/16 美容 トラックバック:- コメント:-

スキンケアにはミネラルウォーターの摂取も必要です

スキンケアにおいて、肌の表面だけを気にしてキレイに磨くだけでは、肌本来の透明感は出ません。
身体の内側から磨いてこそ、はじめて肌の弾力や艶、透明感が出てくるのです。
ですので、身体の中から潤いを与えてあげるということはとても重要なことになります。

乾燥した水分不足の肌は紫外線の影響を受けやすくなっています。
シワやシミもできやすい状態です。
化粧水を吸収する力も弱いので、せっかく高価な化粧品を使っていたところで、あまり意味がありません。
充分な水分を含んでいる肌は透明感もあって、バリア機能も整っているので紫外線など肌のトラブルにも強いのです。

加齢によって、身体の中の水分量はどんどん減っていきます。
顔がむくむ、もしくはむくみやすい方は水分を控えがちかもしれませんが、これには間違っている一面もあります。
確かにむくみの原因は余分な水分なのですが、水分を摂って体内を循環させることも大切なのです。

理想としては1日2リットルのミネラルウォーターの摂取です。
一度に飲むわけではないので2リットルはいけると思います。
美容のためにもなるべく意識的に飲むようにしたいですね。

water-falls-02.jpg


2010/11/11 美容 トラックバック:- コメント:-


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。